taigaのVファーレン日記

自由気ままにVファーレン長崎を中心としたサッカーネタを書いていきます。

見方が違うと評価も違う~アウェイ浦和戦を振り返る~

こんにちは!taiga(@vvn_taiga)です!

テストも終わりを迎えそうで、夏休みが始まりそうです。けど、今年の夏は忙しい・・・。

 

さてさて、そんなことはいいとして、この日曜と月曜でアウェイ遠征に行きました。

 

対戦相手は浦和レッドダイヤモンズ(以下浦和レッズ)です!!

去年ACL王者になった正真正銘の強豪です。

 

今年J1にあがって1番驚いたのは、日程発表があった日に浦和戦当日の飛行機の便が満席になってしまったとゆうこと。

さらにいえば、その土日の長崎県は浦和サポーターがたくさん訪れて、長崎がJ1の凄さを実感したチームのひとつであります。あんなにアウェイにサポーター来られるのはほんとにすごい。

 

さて、そんな浦和レッズですが、今シーズン最初は調子がいまいち上がらず、三月に行われたうちとの試合も1-1の引き分けに終わりました。

 

ですが、監督の交代によって徐々にペースをあげ、気づけばリーグ再開してから好調をキープしていました。

 

そんな相手にうちはどう挑むのか・・・。

気になりながら遠征に行きました!

 

結論から言います。遠征はめちゃくちゃ良かったです。

f:id:vvn_taiga:20180806024954j:image

突然のヴィヴィくん!

ヴィヴィくんぬいぐるみを今回は連れて遠征に行きました!彼の初遠征です!

 

ここからは試合分析前に写真をひたすら上げます。

f:id:vvn_taiga:20180806025104j:image

↑最寄りの浦和美園駅へとうちゃく!

ちなみに僕は成田空港から来ましたので武蔵野線を使いました!(だから武蔵が点を決めると信じてた←)

 

f:id:vvn_taiga:20180806025202j:image

f:id:vvn_taiga:20180806025211j:image

f:id:vvn_taiga:20180806025238j:image

でかい!大きい!すごい!!!

感動しました。楽しみで仕方がなかったです。

こんなスタジアムで地元のチームがあの浦和レッズと試合できるんだ・・・!

と思うと胸にジーンときました。。。まさか僕が大学生のうちに見られるとは・・・!

 

そんなことはさておき、たくさんの方々にお会いしてお世話になりました。毎回毎回ご挨拶が出来て知り合いが増えてくるのは嬉しいですね。今後ともお世話になります!

長崎サポも1000人は超えていたらしいですね!去年は少ないと言われていた関東動員数が増え続けているのが素晴らしいですね(ホーム側もこんな感じで増えていけたらなあ・・・)。

 

高田社長が挨拶しに来てくれましたので、その動画をどうぞ。

 

 

もっと詳しく書いてもいいのですが、他の方の記事を貼っておくことにします。

ngsk-111.hatenablog.com

ameblo.jp

 

さて、僕の遠征の話はおいて、試合をまとめていくことにしましょう。

まずはスタメンから見ていくことにしましょう!!!

 

f:id:vvn_taiga:20180808180604j:image

画像を少しいじって見やすくしてみました。

 

 メンバーとしてはファンマのスタメン復帰。そしてアルビレックス新潟から完全移籍をしてくれた磯村選手が初メンバー入り!!

 

一方の浦和レッズは3-4-2-1の布陣でスタメンをくみました。前節の札幌戦に続きミラーゲームとなりました。

浦和レッズといえばペトロヴィッチ監督時代では超攻撃的サッカーで有名でしたが、今シーズン、オリヴェイラ監督になってからは高い守備からの攻撃とゆういわゆる守備が凄く特徴的なチーム作りになっています。

 

また、ヨルディ・バイス選手がこの試合ゲームキャプテンをつとめました。

これはかなり珍しいことです。だってまだ出場三試合目ですよ!!!!

それくらい高いキャプテンシーを持っているのでしょうね。

 

さて、試合は一方的に浦和ペース・・・

になるかと思いましたが、長崎も集中して守り、時折カウンターで応戦する展開。

そのなかでピンチはたくさんあったのですが、

 

この試合徳重選手がだった。

 

続け様にビックセーブを連発しました。決定機を四本ほどは止めましたが、とくに素晴らしいビッグセーブは前半終了間近のファブリシオ選手の低弾道シュートを弾いたシーン。

 

https://youtu.be/yjUGPtRfUGM?t=1m11s

 

この試合本当に徳重選手に助けられました。徳重選手も試合勘を完全に取り戻し活躍してくれています!!!

そのほかにも増田選手などと切磋琢磨していていい雰囲気を保っているのでしょうね。

(かつて増田選手がGKチームが大事と言っていました)

 

徳重選手の今回良かったのははじき方です。

GKはただシュートを止めるだけではいけません。例えば正面にボールをこぼすと相手にとられてゴールをきめられてしまう・・・。

シュートブロックの時、相手がいない方向にボールを弾くのがいいとされています。

徳重選手はこの川﨑戦、札幌戦においていずれもシュートブロックをしたあとにこぼれ球を相手にとられてその後ゴールを決められてしまっています。

 

しかし今日は違った。相手のシュートをゴールラインの外に追い出して、コーナーキックにしていました。

コーナーキックにするとプレーがとまるため、守備をすぐに修正することができる。コーナーキックの方がこぼれ球拾われるよりゴールを決められる可能性は少なくなる。

いい判断でした。無理に取りに行かない。これがGKの判断の難しさです。

ほんとうによかったです。ナイスプレーでした。

 

さてさて、他の選手で際立っていたのはやはりバイス選手です。バイス選手は興梠選手を見張り、ラインも管理しました。結局興梠選手に決定的なシュートを打たせたのは前半5分のシュートのみ。ナイス守備でした。

試合後の挨拶後の前に出てのガッツポーズは僕の心を射止めました・・・!!

来シーズンもいてくれたら絶対ユニフォームを買うことにしました!!!!

いつかバイス選手のすごさについてまとめたいと思います。

 

Embed from Getty Images

 

あと、注目したいのは島田選手。中原選手の負傷の後、スタメン出場を続けていますが、非常に安定が増したと思います。

今シーズン最初の方はJ1のプレーになれておらず、苦しめられていましたが、ここに来て自分の持ち味を発揮できていたと思います。このままどんどん良さを出していってほしいですね。

 

 

さてさて試合は白熱し、結局お互いのチャンスを決められないまま0-0で終えました。

 

アウェイで貴重な勝ち点1!!!

3月以来の引き分け。ちなみに前回も浦和戦でした。

残留のためには勝ち点を一つずつ積み上げていかないと行けないので、大事な勝ち点です。悪くはない引き分けでした。

Embed from Getty Images

※高木さんかっこいい・・・!!

 

この引き分けをどう見るか。人によっては評価が異なると思います。

僕のように積極的評価もあると思います。

ただ、決定機もあったんだから勝たないと厳しいぞ。とゆうような厳しい声。

さらには、浦和相手に引き分けって凄いねー。って率直な感想を持つ方もいるでしょう。

 

このように評価が分かれるのはその人の興味度合いや、チームへの期待度、チームへの今シーズンの理想像などで変わってくると思います。

 

厳しい声もしかり、ポジティブな声もしかりどちらも大事な意見だと思います。

この意見をお互い反論し合うわけではなく、そんな見方もあるよねって思ってほしい。

 

なかなかこれができないんですが、これを是非お互い認め合える人たちが少しでも増えてくるといいなあと思います。自分もまだまだ出来ていないので頑張ります。

 

この試合のスタッツはこちらを↓

www.football-lab.jp


【公式】ハイライト:浦和レッズvsV・ファーレン長崎 明治安田生命J1リーグ 第20節 2018/8/5

 

さて、次節はついにピースマッチ!!!

個人的に注目の試合ですね。

ゴル裏参戦予定ですので、皆さんよろしくお願いします!!!

 

首位相手にどこまでいい試合が出来るか楽しみです・・・!!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!!!それでは、また次回!